The Best Omakase in Greenwich Village: Sushi Chef with Daisuke Nakazawa

The Best Omakase in Greenwich Village: Sushi Chef with Daisuke Nakazawa

一番初めの記憶としては高校生の時の私の友達親友が寿司屋の使用を始めたんですね その時まだ私は高校生で 彼を見てて寿司あと結構いい仕事なんだなというふうに思いました それで 一緒に寿司お寿司屋をやろうと約束をして 寿司のトレーニングを始めました 今電気工事士ですけどあっはぁ ロザん ん うちのレストランは大須 c しかありません そしておまかせしかありません ni はいどうぞ 殺界サーモン face ウォークトゥリメンバー お客さんにとって選択肢っていうのは全くないというのがうちのレストアの特徴かなと 思いますけれども ok ネクソン 5スポレートうーん 4ソフトウェアあっは 生さよならを気 哀れ がカタカタカタん ティーダ相葉がをさようなら主演と得ず inger わーい 考えました そういうちっちゃなことを一個一個についてやっぱりみんなで突き詰めて考えている っていうとが一番違うとこじゃないかなと思うんですけど 彼は補だってねこれはまだ生きていきます このホタテには柚子胡椒使って 入り酒をつけます まだこれ生きてるんで ねえ柚子胡椒トイレ酒ハーンと言われちゃうじゃん日本だったら葉 立つ前に入浴前 男前とかお点前とか の一種の前だと思って精度枚付だから スタイルっていうことだと思ってるんですね そのスタイルを東京からそのまま持ってきたからといってお客さんに受け入れて もらえると観客 自分なりに議会をしたニューヨークというものを自分のお寿司に加えていると...