The Most Beautiful Restaurant in Japan - Kyoto Kitcho

The Most Beautiful Restaurant in Japan – Kyoto Kitcho

[音楽] 京都吉兆の徳岡邦夫と申しますこの吉兆自体の創業っていうのが1930年 なります教頭にもこの場に私どもが 料理屋をやらせていただいたのは1948年 なんですけれども生後まもなくですね 京都ってまあ世界から見ても独特の空気感 山川自然 と街並 new がこういった理 つるような高まあ盆地地形であるとかそういうものが超させてるんだと思います もしくはこうにじり口で行 入っているとに当時はあの刀を持っていましたから それがあるのじゃまで入れないようにしたら だから今も茶室のそのにじり口の前にはですね 刀を切ってもらってすごい方のを向いて 敵対心を捨ててマルプーず裸の中 中の自分裸のままの自分の中で頭を下げて入ってくるそれ 出会いあの中の人に頭を下げながら入っていかなくて入れないそういう空間をつくった のは人と人と思う 気持ちをより歯腹の底から本当にインサイトから コーヒ親しくできるようなことを考えてそうしたんではないか おっ ん [音楽] あ まあこうミッキーていた第二東力 あの子の市税の中にも鹿港にはの作りもですね your で効果壊れて終わってるんだな経営がここ逃げるのではなくて ずっと山がな波が空が続いているような こういうロケーションだこれはやっぱり工事しかもできないでしょうか そういうところにこの店がここにある意味があると思いますしそれは6 a 賞がいい ということだけではなくて人間としですね自然と共生共に生きることを大切さみたいな ものを感じたと そういうことの空間でもあるなと思っています [音楽] [音楽] ん me [音楽] ん 生産者でこんな素晴らしい食材がありました...